飲みすぎると体に悪いってホント!?

「青汁を飲みすぎると体に悪いから・・・」とたまに耳にすることがあります。

一体なにがホントでウソなのか??

管理人が「青汁」に関する事を、まとめてみました!

おなかがゆるくなる??

青汁を飲むと、おなかがゆるくなる??

そうなんです。

青汁の中には「沢山の食物繊維」が含まれているので、
大量に飲んでしまうと、おなかがゆるくなることがあるんです、、、

あと、便が緑色になって出てしまうんですけど、青汁の中に含まれる
「葉緑素」という成分のほとんどが、便となって排出されるためです。



カリウムが引き起こす問題

カリウムの働きとして、体内の過剰な塩分を排出したり、
筋肉の代謝を助けたりする成分なんですが、、、

腎臓が弱っている方の場合、溜め込んだカリウムを逆に排出する力がなくなっているため、
青汁に含まれるカリウムを余計に溜め込んでしまう結果になってしまうんです。

それにより、「高カリウム血症」を引き起こしてしまう可能性があります。
主な症状として、手足のしびれであったり、
不整脈や血圧の低下などの症状を引き起こしてしまいます。

腎臓が弱っていらっしゃる方が試される場合は、
一度病院で相談されることをオススメします。


ビタミンKの問題

沢山のビタミンKを含んでいる「青汁」

ですが、「ワーファリン」という心臓・脳・血管などの疾患のお薬を飲まれている人は
血栓防止のために飲んでいる薬の薬効が効かなくなるという悪影響が出る可能性があるので
注意してください。


<<青汁の成分について  | トップページ |  継続しなければ意味が無い!>>